Rという男⑬〜地域最安値!男を思い出す〜 : 犬又また子の東京日記

犬又また子の東京日記

東京の片隅に生息中。 日々の事、去年経験した元夫の不倫の事、現在の婚活の事等赤裸々にブログ更新中。

不倫妖怪・元夫編第二章の前に現在の婚活状況です
元夫編を最初から読むには★★★こちら★★★から\(^o^)/


R編はコチラ


前回の続きです。
正式にお付き合いが始まり、その日はお泊りする為
ホテルへ行く事になった。



Rという男⑬





Rという男⑬2





さすがは大人の男、突然にホテルを探す事になっても動じずスムーズだった。
道に迷う事もなく、庭先を案内するかのように目的地、ラブホテル村へと導いてくれた。

あまりに手慣れているのでここは勝手知ったる手前の庭なんか・・・?という疑問を抱かずにはいられないほどだ!!\(^o^)/





部屋に入った。



さすがは金曜の夜よ。
ほとんど満室の中、かろうじて残っていた2室のうちの1室を選んでくれた。


Rが支払ってくれたのだが、チラリとお値段を見たらなかなかの金額である。



そう言えばその昔、私を『地域最安値!』に毎回連れて行く男がいた。
確か3000円もしなかった記憶だ・・・


その部屋は和洋折衷なのか、畳の上にベッドが置かれていて、古くて薄暗く、ムードもへったくれもない、なんとも陰鬱で悪趣味な部屋だった。


当時は好きだったから何も言えなかったが、
好きでなくなってからはその男のあだ名は「地域最安値!」になった。
財布の紐と同じくらい別れ方もなんとも端切れの悪い男だった。



そんな昔の事を思い出して、Rが地域最安値!男でなくて、嬉しくなった。

値段で愛を測るなんて浅ましい行為だが、一つの指標にするくらいは、アリだ。



部屋も浴室も広めで清潔感ある感じ\(^o^)/
準備はしてきたが、スキンケア類も充実している\(^o^)/


私は相手の事を好きだし、相手も私を3000円扱いなどしない。
これで心も身体もリラックスして委ねられる。

安心出来る相手というのは夜の部・活動においてとても大事な事である。








コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット