不倫騒動!③~不倫脳のゴリラ化は止まらないよ・夜の営み問題~ : 犬又また子の東京日記

犬又また子の東京日記

東京の片隅に生息中。 日々の事、去年経験した元夫の不倫の事、現在の婚活の事等赤裸々にブログ更新中。

今回、私自身が昨年経験した元夫の不倫・離婚までの経緯を出来るだけ正確に記録する為、当時のやり取りをありのまま表現しています。後半過激・セクシャルな記述が含まれますので、苦手な方は読まぬが吉です\(^o^)/


出会った事すら事故だったんじゃ?と思いたくなるほど、結婚の定義を根底から覆し、された方はそれが終わろうが終わるまいが正に生き地獄を味わい続ける・・・

それが、不倫。

続・不倫騒動!4
俺の夜とな


続・不倫騒動!3




元々、夜の部・活動に難有りだった我々夫婦。
度々家族会議でも議題にあがるほどだった。
(というか、私が無理矢理あげる。今ならこれが悪手であったとわかる・・・)
何がどう難ありだったのか、具体的な内容については別で書き残したいのでここでは割愛です。


昔から、臭い物には蓋をしてやり過ごしたい妖怪・元夫と、その蓋を片っ端から開けていっては腹を割って話し合いたい気持ちだけ体育会系な元嫁・私。


何があっても男性に言ってはならない事がある、とむかーし聞いた事がある。
甲斐性と、夜の部の駄目出しがそれだという。

どちらも男性の自尊心を大きく傷つけ、深く遺恨を残すからだ。


なので私が何度となく家族会議にて夜の部活動を議題にあげた事は、
大いに元夫の自尊心を傷つけたのは想像に難くない。


そんな経緯もあってか・・・
妖怪ゴリラ「✗✗ちゃんは俺の夜の部もすごく褒めてくれるねん」


コレ・・・


まがりなりにもまだ婚姻継続中で、有責側の配偶者が言っちゃいかんだろーーー!!
※しかもなんかウホウホ嬉しそうに。

ワタシが生きているのは人間界の、この法と秩序で守られた現代日本のはずだけど、目の前の彼は異次元のお花畑から迷い込んだ不倫ゴリラという未知の怪物だった。
とにもかくにもこの時の彼はワタシが慰謝料請求したら確実に不利になりそうな爆弾をゴリゴリと自ら起爆させていくスタイル・・・!
敵ながら斬新\(^o^)/


それにしても・・・
夜の部で優秀な成績をおさめている・・・だと?

不倫して好き勝手言って傍若無人に振る舞うだけでは飽き足らず・・・


事実まで捏造しはじめるとはこの不倫ゴリラが!

脊髄が反応してしまった。


ワタシ「その女はすんごい大嘘つきだよ!!!!!」


その瞬間、妖怪夫の頭の中の何かが、ぷつんと切れた音がしました。


妖怪ゴリラ「お前なんか嫌いだーーーー!!!」



不倫ゴリラにクラスチェンジするまでずっと大人しかった妖怪・元夫・・・
声を荒げた事など一度もなかった妖怪・元夫・・・

の、怒号が深夜の住宅街に響いた。



私達夫婦が完全に終わった瞬間であった。





夜の部活動については、相性の問題もあるのでどちらの責任とも言い切れない。
当然ながら私にも魅力や技術が多分に足りなかった・・・



が、

その後も自らが不利になりかねない爆弾をゴリゴリ起爆させていくスタンスの不倫ゴリラの暴走は止まらない。
ゴリラ「✗✗ちゃんは一人でしてる姿を動画に撮ってラインに送ってくれるねん」

ワタシ「??!」

不倫ゴリラ「ほんで、興奮した俺自身のアレ(アレから出てくる白いヤツの方)を写真で撮って送ってあげるねん!そういうプレイやねん!」


ワタシ「?????!!!




交際期間も含めれば恐らく10年近く一緒にいたのに気付けなかった元夫の一面。
そうか君、変態だったのか。どうりで。

私達、合うはずがなかった。
私はどちらかというと夜の部は押し倒されるくらい相手に求めてもらいたい派。

一人でしてるとこ動画で撮影して、見せつけて喜ぶような性癖は持ち合わせとらんこの変態ゴリラめーーー!!!!!!







それからですが・・・

なんと不倫ゴリラはその後ひと月もしないうちに不倫女からあっさり振られてしまう。
要するにちょっと遊ばれて簡単に捨てられたのだ。
(「これ以上しつこくしないで!」とけっこう厳しめな振られ方であった)




ほらーーーー!!!


だからその女は嘘つきだって言っただろーーー!









にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村




コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット