恋愛バイブル本を読み漁りすぎる女 : 犬又また子の東京日記

犬又また子の東京日記

東京の片隅に生息中。 日々の事、去年経験した元夫の不倫の事、現在の婚活の事等赤裸々にブログ更新中。

昔、婚活仲間に狂戦士がいた



昔、婚活仲間に狂戦士がいた2


美人の友人K。
絶賛恋活中の彼女はその美貌に胡座をかくことなく、出会いの場へも足繁く通うので出会う数も半端ではなく、モテにモテまくっている。


毎週末婚活パーティーを2部3部と渡り歩き、男女問わず誰かしらと必ず連絡先を交換し、新たな人脈へと繋げていくさまは、恋活というよりもはやビジネスのようだ。

ん?こんな冴えないオッサンでも?と思うような相手でも優良企業に勤めていたならそこから更に横に繋げ、より高みのご縁を手に入れる。
わらしべ長者物語のよう\(^o^)/


全く好みでない男達に言い寄られると「飲み会して!」と容赦なく切り捨てる姿は非情にも見えるが、
彼女は自身でも多くの合コンを開催し、そんな彼等に次なる出会いの場を設けて救済するのも忘れない。

とにかくどんな出会いひとつも絶対無駄にはしない企業戦士ならぬ恋活戦士の彼女。


そんな彼女の愛読書はルールズをはじめとした、恋愛指南書の数々。

どれがどの著書からきているのか詳しくはわからないが、
多くの恋愛バイブルを読み耽るうちに彼女独自のルールが完成されていたようである。

そして私にも再三に渡ってこのルールを布教してくるのだが…
そんなルールがこちら。

壱、デート代は支払ってはいけない。
弐、メールもすぐに返信してはいけない。
参、気のあるふりをしてはいけない。

コレらは、
「男はお金と時間をかけた女性にこそ本気になる」という彼女の理念から形成されたらしい。


コレは…ほんまに実践で使えるのか\(^o^)/



デートのたびにお金は払わない。
自分からは連絡しない。
連絡がきてもそっけない返しで気のないフリをする…


横綱級の感じの悪い女、爆誕\(^o^)/


モテにモテすぎてデート待ちの相手が両手でも余る彼女のような美人なら男達が程よく振るい落とされていいのかも。



「こんな感じ悪い女はこっちから願い下げだ」と振るい落とされる可能性しかない私には使いどころ全くない。






コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット